Message.2先輩からのメッセージ

達成感が、なによりも私たちの魂を磨く。
現場の最前線で活躍中、
金井大道具ヤングパワーの生の声。

製作 塙博安 2000年入社

やる気とチョットの礼儀があれば、一人前になれる。

表現することが好きで学生時代にはグラフィックデザインを勉強していましたが、自分の特性を見直して製作を志望。芸能人に会えるのではというミーハーな気持ちも正直あって・・・。もう入社以来17年、中堅としての責任を考えると、スタッフ全員で連携し、楽しく働く職場を目指したいと思います。そのためには、やるべきことにメリハリを持って、進めていくことが大切。仕事のクオリティはもちろん、人の輪みたいなものがうちの伝統なんだと思います。

美術 古川 剛士 2002年入社

いかにデザイナーの意思を汲み取るか。

入社して15年、美術を担当しています。当初は、新橋演舞場の舞台背景に従事していました。美術の仕事は、国立劇場の歌舞伎、新橋演舞場の演劇と得意の分野が分かれていますが、仕事の幅を広げ、どの分野でも対応できることが大切だと感じます。具体的な仕事で言えば、パネル一枚をむらなく塗るだけで大変な技量を必要とします。絵を描くにも、デッサン力はもちろん、いかにデザイナーの意思を汲み取り表現するかがとても重要になります。そうしたことの質を高めていくためには、やはり経験の大切さを痛感しています。夢は師匠越えです。

施工 浅野 夏生 2001年入社

段取り通りに決まった時の充実感は格別。

製作・美術・経師で作られたものの出荷、それを現場で指示し完成に導くという、いわば現場監督を担当しています。入社時の希望は"製作"だったのですが、配属されてみれば、段取りを立てて、道具を施工する部署。自分が描いた構想通りに現場が進行した時の達成感というのは、やってみなければわからない。なによりメリハリがあり充実感ある。入社時の希望とは違う部署だったけれど、自分はこの仕事や毎日に、とても頑張りがいを感じています。

経師 大藤 美沙 2014年入社

ママになっても、経師職人で、頑張り続けたい。

放送系の大学で3DCGなどを学んだのですが、パソコンに一日向かっているのは趣味どまりかなと。裏方さんのお仕事への憧れもあって、経師の募集に応じました。繊細さが求められる仕事だけど、楽しいですね。いま私は妊娠中で、周りのみんなもサポートしてくれて、大変助かっています。会社には子供を持っている女性はまだ少ないのですが、しっかり復帰して、私も母親になっていい先例となりたいと思います。

劇場 水野 駿 2012年入社

役者さんとの交流も、うれしい。

新橋演舞場で、公演前の明り合わせや稽古から始まる本番の環境づくりが仕事です。役者さんがいかに気持ちよく演じることができるか、まさに裏方に徹することが大切。音を立てない歩き方にまで気を配ります。舞台は生ものですから、その緊張感がたまりません。役者さんとも緊密にしなければならないし、そこも、この仕事ならではで、評価された時は、やはりうれしいですね。

プロジェクト 緒方 竜二 2015年入社

人と人とのつながり、そこが楽しい。

一般的に言うと営業職ですが、業務内容は、ちょっと違うんです。クライアントとの折衝や社内のコンセンサスをとるという基本的な仕事の中でも、自分の裁量が生きるクリエイティブな部分が大切だと思います。私としては、ずっと笑顔でいる、周りの人の話を進んで聞く、先輩の助言を受ける、そういった意味でも、すべてに能動的であることが、自分の仕事を楽しくさせてくれると思っています。

デザイン 勝田 翔馬 2011年入社

仕事の全体像を見極める力が求められる。

お客さんの要望を受け、デザインするだけが仕事ではありません。どのようなセットを創り上げるかをすり合わせたうえで、パースなどで完成予想図を作ります。さらに発注用に製作図面を作成することもデザイン部の仕事です。なによりも、お客さんが抱くイメージや望むカタチをちゃんと把握することが大事だと思います。そのためには、もっと大きな視点を養っていきたい。幸い、うちには、奥深い経験を持った先輩がたくさんいますから。

管理 柏 幸希 2012年入社

良いと思う事は、どんどん。柔軟さが魅力。

管理部門は、「経営管理」「総務・労務」「人材育成」を担当しています。私が管理部門で仕事をしていて感じるのは、金井大道具の組織の柔軟さです。良いと思う事は、どんどん取り入れていく。そして、管理部門の仕事を通して会社の改革や改変に携われることが魅力ですね。各部署の人とコミュニケーションをとりながら、業務がスムーズに進むようサポートしていきます。私は現在、2人目の育休中です。復帰後は業務と子育ての両立で忙しくなると思いますが、私自身も上司や周りの方々のサポートを受けながら、日々奮闘していきたいです。